野菜

生の野菜や野草には有機蓚酸が豊富に含まれています。

この有機蓚酸は消化力を高める効果があるので、

食欲を刺激して元気を回復したいイヌやネコが本能的に摂取するのだろうと言われてます。

また、有機蓚酸は動物の消化管から吸収されず、糞と一緒に排泄されてしまうと言われてます。


 ところが、加熱した野菜にふくまれる蓚酸は、

もはや動物に無害な有機蓚酸ではないのです。

加熱によって無機蓚酸に変性するため、腸管から吸収されて血流に乗り、 腎臓で濾過されて尿に混じります。

このとき尿の中にカルシウムが含まれていると、無機蓚酸に結合して蓚酸カルシウムの結晶が作られます。


そして、毎日毎晩、無機蓚酸の摂取が続くと、蓚酸カルシウムの結晶どうしが固まり、これにいろんな尿成分が結合して大きな膀胱結石になってしまうのです。

キャベツをたくさんあげ過ぎないでくださいね。

キャベツにはS-メチルシステインスルフォキシドという成分があり

食べ過ぎると「甲状腺腫」「甲状腺肥大症」の原因になり得る可能性もある
 
 その他にもジャガイモにはソラニン、大根にはシニグリン、梅、杏、桃いはアミグダリンという毒性が含まれているというのです。 



茹でた野菜はだめだと知っていたけど、こんな理由だったのですね!!